コストの削減

パソコン1台で

レンタルオフィスも同様にレンタルされるオフィスで、業務に必要なイスや机、情報機器が予め用意されています。
レンタルオフィスは低コストでオフィスを持つことが出来るため、起業する際に使われることが多いです。
レンタルオフィスの面積や設備のグレードなどサービスは千差万別です。

バーチャルオフィスとはオフィスを持つことなく、ITインフラを整えることでオフィスの機能を代替することを指します。
具体的なバーチャルオフィスとは住所と電話番号のみを借り郵便物は転送し電話対応は専門オペレーターが行うことで、実際に入居していなくてもオフィスの機能のみを持つことが可能となります。
バーチャルオフィスの最大のメリットは大幅なコストの削減が出来る点です。
こうした貸し会議室やレンタルオフィス、バーチャルオフィスのサービスは増加傾向にあります。
理由としてはオフィスビルの空室の有効利用という考え方や、少人数で効率的に働くなど働き方の変化が挙げられます。

メリット

デスク周り

オフィスの住所としてバーチャルオフィスの場所を利用することになりますが、電話応対や郵便などを受け取るということではないのです。
バーチャルオフィスの場合には、電話や郵便などの対応をアウトソーシングという形で行ってもらうことになります。
そのため電話などの応対にかかる手間を省くことができるのです。

それぞれのオフィスの形に、様々な特徴が存在しています。
だからこそ、実際に利用する場合であれば、それぞれのオフィスのメリットやデメリットを知ることも大切なことです。
メリットやデメリットを理解したうえで比較して選ぶことが大切なことになるのです。

状況に合ったオフィス

友達と仕事

貸し会議室を利用したレンタルオフィスやバーチャルオフィスなど、同じオフィスの形であっても複数の選択肢が存在しています。
そのためオフィスを利用することを検討しているという場合であれば、どのようなオフィスが自分たちの状況に合っているのか考えて利用するということも大切なことになるのです。
例えば貸し会議室やレンタルオフィスの場合には、実際の働く場所としてのオフィスとして利用することができます。

貸し会議室やレンタルオフィスという形で場所を借りることができて、室内もデスクや資料など様々なものを自由に設置することができるのです。
そのため自分たちが働きやすい環境を作って、貸し会議室やレンタルオフィスを利用することが可能となっています。
またバーチャルオフィスに関しては、借りたオフィスで実際に働くというわけではありません。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930